SEOとは

SEOとは、調べたい単語を検索エンジンで入力して表示される順位で、より上位に表示されるようにすることで、検索エンジン最適化と呼ばれています。より上位に表示される方が効果が高いことから、大手企業でも専門の業者に依頼していることが多いようです。

googleのseoについて

Search Engine Optimization 略してseoは、検索エンジン最適化というシステムになります。色々なユーザーが使えば使うほど使いやすくなるという、便利なシステムです。大阪等の観光する場所が多い地域はgoogleで調べると、初めて来た人でもどこを観光すればいいか等の情報を簡単に知ることができます。

しかし、このシステムを悪用して偽りの情報や多くの広告が流したりすることもあるので知識として備えておくことにこしたことはありません。たとえ便利なシステムが増えても未だにコンピュータは完璧ではないので、やはり使う人間も最低限の知識が必要だと思います。

これからのSEOの事も考えたホームページ制作

SEOの対策を行うのであれば今だけ良ければいいというのではなくて、アルゴリズムが変更されていますので、できれば少し後の事も考えて対策やホームページ制作を行っていきたいですね。

これからは、アルゴリズムは更に厳しくなると予想している人が多いみたいですね。小手先の技術を使って行ったSEO対策だけではなくて、本当にいいホームページ制作を行う事ができれば、アルゴリズムが変更になった場合にも対応できる部分もきっとあるでしょう。

その都度、振り回されて大幅にコンテンツを変更するのは大変ですね。ぜひ、検索エンジンによっても実際に利用するユーザーにとっても魅力を感じるものにしたいですね。

SNSがあるからSEOは不要?

最近、よく聞く言葉に「もうseoは終わり、SNSだよ。」があります。これを聞いてネット広告もseoはやめて、snsへと考える方もいらしゃるようです。しかし、この「seoは終わり」には2つの意味があるように思います。それは、「もうseoは難しすぎるから」「seoの費用が高くなったから」と「seoなんて古い」というものです。

確かにseoは難しくなっています。だからコストもどんどん上がっており、広告として合わなくなった業種もあるようなのでそんな場合は仕方ないでしょう。また、seoで費用対効果が合わないのであれば、当然リスティングでもあわないでしょう。そうであるならsnsをというのは自然な流れではありますが、すごく今くいったというのはあまり聞きません。情報商材や人材系サービスのような非常に単価の高いものであればいいのかもしれません。

ビジネスでseoを利用する場合、お金儲けが目的なので、seoが古いかどうかなんて意味がなくて、コストパフォーマンスがどうかに注視する必要があります。

おすすめ

お気に入り